Thank them(彼らに感謝しよう)よりSave them(彼らを守ろう)

WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスの流行をパンデミックという認識を発表したのが2020年3月。それからひと月ほど経ち、日本においても、医療関係と生活必需品を扱うお店以外はほぼ休業の動きとなってきています。そんな中、この「不安な環境で仕事してくれているすべての人々に感謝しよう」という声が、SNS上でも、世界的なセレブリティの間でも広まりつつあります。Googleのトップロゴも、4月6日から、ある仕事に従事する人々への感謝を示すものが表示されます。

“Thank you(ありがとう)”

しかし、「不安な環境で仕事してくれているすべての人々に感謝しよう」という文脈で発せられる、この美しい言葉を聞くたびに戸惑っています。嫌だろうが何だろうがやらざるを得ない状況にいる人々に、「ありがとう」ということが、彼らを追い詰めることになりはしないかと。SNS上で聞こえてくる「医療現場はもう限界」「スーパーで働いてても怖い」「会社は現場に消毒液も何も手配してくれない」という声たちを無視した、一方的な感謝になってはいないかと。自分が代わる気はないのに、相手を辞めさせないための、切り札になりはしないかと。何より、「ありがとう」と言うことで、自分が安心するための言葉になってはいないかと。

苦闘、恐怖、悲痛… 新型コロナ最前線で闘う医療従事者たちの現状」(AFPBB News, 2020.4.15)

神奈川県医師会が、「不安をあおるメディア」に投げかける疑問 「医療現場の現実を、知ってもらいたいのです」(J-Castニュース, 2020.4.18)

もちろん、「ありがとう」というとき、人は本当に相手の尊い労働を思い、ねぎらっていることは理解しています。ですが、今必要なのは、遠くからの感謝ではなく、日々の行動だと思います。つまり、感染しない・させないために、人が密集する場所は避ける。買い物はなるべく一人で。レジ待ちも袋詰めも、隣の方と間隔を空ける。政府の対策が不十分と思ったら、SNSでも何でもいいのでそのように発信する。現在の対応に問題があるのだとしても、病院で検査できないと言われたら、それに従う。そして、現場で応対してくださる方には、目を見て「ありがとう」と言う。相手への敬意や感謝は、そのような形で示せばいいのではないでしょうか。

コロナの不安が解消されたときこそ、社会全体で「彼らにありがとう」と言うべきであって、不安な状況の真っただ中にいる今は、「彼らを守ろう」という方が、ふさわしいのではないかと考えています。

 

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail
カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

#WithYouのつもりでした

2020年1月11日、名古屋で開催されたフラワーデモに参加しました。

性暴力の被害に泣き寝入りしない、その声に耳を傾ける人がここにいる、刑法を変えよう―――そのような思いの詰まったデモンストレーション。「自分も」苦しい思いをしたと声を上げる「#MeToo」、辛い思いをした「あなたの味方である」と表明する「#WithYou」が、このデモンストレーションのキーワードになっています。

このデモに初めて参加したのは2019年12月11日。この日はスピーチをしたり練り歩いたりすることはなく、おのおのが花を携えて立ち、道行く人にアピールするといういわゆる「サイレントデモ」でした。思いをつづったメッセージカードも掲示されていましたが、それを読み、さまざまなことを思い出し、考えました。私自身、セクハラや性暴力と、決して無縁の人生ではなかったということも。

自分の過去についてほとんど傷ついていないのは、自分自身が鈍いからだと考えていました。それもあったかもしれないけれど、昨日のデモンストレーションへの参加でやっと気づきました。原因は私自身が持っていた「自分が至らなかったから」という、今まさに被害者の口をふさいでいる、旧態依然とした認識だったようです。

このデモンストレーションは、社会悪に怒りをぶつけるだけのものではありません。自分の過去と向き合わざるを得ない、ある意味において、酷な時間でもあります。だからこそ、本当に傷を負っている人が、参加できないのも無理はありません。その分、参加してもいいな、と少しでも関心を持ってくださる方は、どんどん来て頂きたい。交通費という身銭を切って、自分の貴重な時間を割いて寒い路上に立つ―――このアクションが、意味がないはずがありません。昨日のデモンストレーションは何名かのスピーチがありましたが、「過去はずっと苦しんでいたけれど、このデモで参加者やスタッフの方とお話することで、自分の楽しい時間を持つことができるようになった」とおっしゃっていました。人ひとりの心を和らげることができる、それだけでもいいではありませんか?

私自身、このデモンストレーションに参加することで、多くの学びや気づきを得ています。ご参加になれなくても、フラワーデモの開催告知をリツイートなどしてくださるだけでも、数が増えていけばと願っております。

最後に、ショッキングではありますが、お知らせを。

センター試験日に痴漢が増えるってホント?受験生のSOSがスマホに届く画期的サービスも

センター試験当日、「警察に訴えている暇がないから」という理由で痴漢をするという下劣な輩がいるのだとか。それを防ぐため、「黄色のものを身に着けて、センター試験の受験生が乗る時間帯の電車に乗る」という取り組みが紹介されています。私もどのように協力できるか考えています。

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail
カテゴリー: 未分類 | コメントする

「出張!思い出食堂番外編~IN OSAKA~魚乃目の陣」に参加しました

去る11月9日(土)に大阪で行われた、「出張!思い出食堂番外編~IN OSAKA~魚乃目の陣」に参加しました!魚乃目三太先生を中心に、後述の漫画家さん計8名がそれぞれの作品制作について語るというイベントです(ブログでも告知すべきでした…また甘い仕事をしてしまいました)。

今回(前回はこちらをご覧ください)は全参加者がイベント経験者だったこともありますが、なんといっても司会の、華麗るう先生(結婚式の司会者のキャリアをお持ち、その数600回以上!)によるテキパキとした段取り、テンポの良い確認、などのプロフェッショナルなお仕事のおかげで、皆さん不安感もなく、本番を迎えることができたように思います。

イベント名物の特別メニューはこちら、魚乃目三太先生『日曜日の背徳めし』に登場するオイルサーディンチーズトースト(^^)/!企画段階では、「チーズ7枚は無理でしょうね」と関係者で話してたのですが、蓋を開けてビックリ、ロフトプラスワンウエストさん、見事に7枚を再現してくださいました!(持つとずっしり重いのよ…!)

魚乃目先生を筆頭に、8名の漫画家さんにより、ネームの作り方、タブレットで作画するときの動画、机やお部屋など作業環境、ご自分が影響を受けた漫画家さんや作家さんなどが語られました。

もちろん、全員による「うま絵対決」もありましたよ。「玉子焼き」もしくは「カツオのたたき」のお題で漫画家さんたちが即興で絵を描き、その中での一番をお客様の拍手で決めるという企画。これ、3分なんですよ。私なんかもう手の形とかムチャクチャですよ…。それでも皆様、食べている人物の表情や食べ物の特徴を的確に描写なさるのが、いつもいつも拝見していて、ほれぼれとしてしまいます。決戦(こちらは5分)では、はたのさとし先生、治島カロ先生が「鮎の塩焼き」を描かれ、お二人のさすがの画力で接戦となりましたが、去年に引き続き、治島カロ先生が見事に防衛なさいました!

以下、去年と同様、感謝を込めて、ご参加の先生方へのご感想をしたためたいと思います(順序は看板記載の「逆順」とさせて頂いております)。

【華麗るう先生】
司会のお仕事、私には全く違和感のない人選だったのですが、ご本人には晴天のヘキレキだったようです。それでもそこは昔取ったきねづか、間延びしないための工夫・登壇者の氏名の読みの確認・トークタイムを計るキッチンタイマーのご持参など、「華麗な」仕事に関係者一同唸るばかりでした。常に朗らかで、皆さんにお声をかけてくださるるう先生、消費されるエネルギーも相当でしょう。これからも皆で支えさせてくださいね。

【青菜ぱせり先生】
お忙しい中で、最後にご参加が決定されたにも関わらず、事前のイラストや資料のご準備は一番乗りでいらっしゃいました。どの業界の方でも思うのですが、ベテランの方ほどお仕事が速く、私のような者にも温かく気さくに接してくださいます(姫路のお菓子、ご馳走様でした!)。そして忘れてはいけない、ぱせり先生の羽生結弦選手への愛!何だか意外でキュートで、そういうエピソードも参加者の方々にも喜んで頂けたかと思います!

【天宮ケイリ先生】
いつもながらフットワークが軽い!大阪の前にあった、9/16の東京での思い出食堂イベントでも裏方でご活躍なさってましたし、今回も私が選んだ打ち上げのお店への行き方をチェックしてくださって(本当に助かりました…)、まさに八面六臂の大活躍でした。いつもニコニコ、人を和ませるその笑顔の下には、ビシッとした芯の強さが感じられます。ipadでの作業、興味深々で、いつか菓子折りを持って弟子入りに伺うかもしれません!

【はたのさとし先生】
漫画作品の作風と同様、温かいお人柄、しかし仕事はプロフェッショナルという、漫画家のお手本のような方です。イベント最後のうま絵対決決勝では、速すぎてこちらの目が追いつかない程の手の動きでもって、「鮎の塩焼きを頬張る女性」を描かれ、お客様とともに私個人も興奮しておりました。お仕事ツールとしてのミリペンを、ミリ数ごとに収納されるのも素晴らしい。オフィス環境整備の視点からもご教示頂きたいことが一杯でした。

【川田あきふみ先生】
作風はピシッとシャープながら、ご本人はいつも朗らかで、私の記憶の中の川田先生はいつもニコニコしてらっしゃいます。昔『お~い!竜馬』のファンで、それで土佐弁を知り、高知にも2回足を運んだことのある私、川田先生の作品でまた高知の雰囲気を味わえるのが楽しみなのですが、今回も沈下橋(欄干のない橋)のお話が聞けて、グッと来ました。三重にも沈下橋があること、新しい発見でした!また高知のお話お聞かせください!

【つるんづマリー先生】
還暦の人々もびっくりの「赤い格好」でいつもご登場のつるんづ先生。「僕は漫画を描くのが好きです」と熱く語られたのが印象的でした。決してひとりよがりでなく、サーヴィス精神が豊富で、読者の方が楽しいように、という心遣いをお忘れにならない方で、その姿勢には本当に勉強させて頂いております。つるんづ先生、目がキラキラしてるんですよ。好きなものに一所懸命な方ってそうなのかなと、お会いするたびに心打たれます。

【治島カロ先生】
「威嚇のために」とのことで、宇宙空間に燦然と現るニャンコ(説明が誤っていたらすみません)のTシャツをお召しでしたが、お召し物に関わらず、私は昔からカロ先生にハートを撃ち抜かれっぱなしです。これまで人生でお会いしたことがないタイプのお方で、作風は温かくかつ重みがあり、語りはシャープ、まさにアーティストという魅力満載で、お話するとき、私、未だに緊張します。いつか「格闘ゲーム」トークできれば幸いです!

【魚乃目三太先生】
もはや御大でいらっしゃって、本当に寝る間もないご状況にも関わらず、今回のトークのご提案、とりまとめ、本番での作業など、すべてお引き受けくださって、未だに恐縮です。こう書くと何だか裏方さんのようになってしまいましたが、何といっても本イベントのハイライトは魚乃目先生の、過去から現在に至るまでの作風遍歴でしょう。悩み、手を動かし、考え、走りぬいてきた漫画家の軌跡がそこにありました。思い出しても胸が熱くなる程に、圧巻でした。あの時の時間を共有できたことは幸せでした。お願いして描いて頂いた色紙も素敵でした。本当に有難うございました。

<そして、本イベントの裏の功労者>
【なかむらみつのり先生】
連絡用のグループ作成や、各種ご提案、チラシ作成、打ち上げのアドヴァイス、お忙しい中遠くから実にきめ細やかに、かつ面白く、我々を導き支えてくださいました。本当に有難うございました。

【斉藤ふみ先生】
ご来場者様特典カード、ドリンク追加特典カードのとりまとめ、作成をすべて引き受けてくださいました。特にコンビニでプリントするための手順説明はこれ以上ないほどわかりやすかったです。本当に有難うございました。

イベント前まで全員忙しく大変だったと思いますが、スタッフ一同でアイデアを出し合ったり、できた絵を見て喜び合ったり、全員がファミリーのようで、この中に加われたのが信じられないくらい、幸せな日々でした。

これもひとえに、遠くからも、またお近場でも、貴重なお休みにお運びくださいましたお客様のおかげです。土曜日の午後のひととき、お楽しみ頂けましたならこれ以上の喜びはございません。もし至らない部分がございましたらどうぞ下のコメントでも、お知らせ頂ければ幸いです。本当に本当に、どうも有難うございました。

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail
カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント